無料ブログ作成サービス JUGEM
■ Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
薄毛 抜け毛 ハゲー「頭髪の日」
薄毛 抜け毛 ハゲに「注意」を払うものとして、忘れてならないのは10月20日。

すなわち、「頭髪の日」。

そこで、「現場」からの貴重な報告があった。

ここで、「薄毛 抜け毛 ハゲ」について4点の指摘がある。

1.「実際に髪の悩みで同クリニックを訪れる来院者は20代〜30代が72%と、若い世代が圧倒的に多いことが明らかになった。」

2.「頭髪の悩みをもつ家族がいると答えた人の中で・・・父方の直系尊属を答えた人が48%と半数近くを占めた。」

3.「コンディショナーを使用するかという問いに対して、「しない」と答えた人は全体の61%だった。」

4.「比較的健康的なライフスタイルの人が多く見受けられる。身長からみた体重の割合を示す体格指数BMI(Body Mass Index)値も、「標準体型:20〜25」の人が全体の72%を占めていた。」

特に、1と4は「以外に感じられる」のではないでしょうか。

貴重な「報告」なので全文を引用しておきますね。






<以下、引用>

城西クリニック、頭髪に関するアンケート調査、48%が父方の直系尊属に髪の悩みあり
 

頭髪治療専門病院の城西クリニックは、10月20日の「頭髪の日」にちなみ、同クリニックに新規来院した1587名を対象にアンケート調査の結果を発表した。調査期間は1月21日〜8月20日。調査結果では、20〜30代が来院者全体の72%で、48%が「父方の直系尊属に髪の悩みあり」などがわかった。また、6割が「コンディショナーを使用しない」ことも明らかになった。


 加齢にともなう「薄毛」「抜け毛」などの髪の悩みは、主として中高年男性のものと考えられる傾向にあるが、実際に髪の悩みで同クリニックを訪れる来院者は20代〜30代が72%と、若い世代が圧倒的に多いことが明らかになった。

 城西クリニック院長の小林一広氏は、「薄毛が目立つようになるのは、壮年期に入ってからのことが多いが、20〜30歳代で頭部が薄くなり始めると、年齢と見た目のギャップが気になり、誰にもいえず深刻に悩んでしまうことが多いようだ。と同時に、現状だけではなく将来的不安によって自ら治療を望むケースも年々増加傾向にあると思う」と分析する。

 頭髪の悩みをもつ家族がいると答えた人の中で、「父親」29%、「父方の祖父」18%、「父方の祖母」1%と、父方の直系尊属を答えた人が48%と半数近くを占めた。

 「遺伝的な要因は大きいといわざるをえないが、明確にどのくらいの確率で出現しているということは明言できません。また、そのことが同時に不安を駆り立ててしまうともいえる」と小林院長は説明する。

 コンディショナーを使用するかという問いに対して、「しない」と答えた人は全体の61%だった。

 小林院長は、「コンディショナーを使用すると、髪がペタっとした感じになりボリュームが出にくくなる。つまり地肌が目立ちやすいと感じている人が多いように思われる」と結果について説明する。

 回答者で、6時間以上の睡眠時間を確保している人は56%。規則正しい食生活を心がけている人は64%となった。また、非喫煙者は73%と、比較的健康的なライフスタイルの人が多く見受けられる。身長からみた体重の割合を示す体格指数BMI(Body Mass Index)値も、「標準体型:20〜25」の人が全体の72%を占めていた。

城西クリニック=http://www.josaiclinic.com/

<ここまで>



| antupo | - | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |